眠る赤ちゃん

睡眠の質とお肌と髪の関係

睡眠不足は健康にも美容にも悪いです。

『そんなの知ってるよ!』『忙しいんだよ!』

と、いうのはわかるのですが、やっぱりなんとかしないといけないですよね。

この記事を読むと、睡眠時間を確保するために、色々な努力をしようとするでしょう。

毎日30%増しで老ける?

実際にお肌や髪に良い影響がないといっても、どの程度で良くないのかわからないと、具体的なイメージができずに真剣に解決しようとできないはずです。

そんな時にこのような論文を見つけました。

良い睡眠をした人は睡眠不足の人と比べて、皮膚のバリアーが30%多くあった。

引用元:Does poor sleep quality affect skin ageing?

この論文では5時間以下を睡眠不足としていて、良い睡眠に人を7~9時間としているようです。

そしてこの論文によると、睡眠不足の人は、良い睡眠の人に比べて紫外線のバリアが30%も低くなるようです。

睡眠不足だと30%も紫外線からのバリアが低いということは、9日経つと良い睡眠の人に比べて、約1日分多く紫外線を浴びるという計算になります。

歳を重ねるごとに差が出てくる

グラフで見るとこうなります。
Good Sleeper and Poor Sleeper

たった9日間だけで、これほどの差ができてしまうんです。

つまり1年経つと50日分。

5年も経てば、睡眠の良い同い年と比べて、およそ1歳も老けるということになります。

また睡眠は成長ホルモンを出すために必要なことです。

この成長ホルモンは髪や肌に影響を与えます。

もちろん人によって様々な生活習慣や、遺伝の違いがあり、こんなに単純な計算では測れないものです。

しかし後回しにすればするほど、そのダメージは蓄積されて取り返せないところまで進んでしまいます。

睡眠の質を簡単に上げる3つの方法

ではどのように睡眠の質をあげたら良いでしょうか?

  • 寝る前にスマホを見ない
  • 寝る前に軽い運動をする
  • シャッフル睡眠法

寝る前にスマホを見ない

見ちゃいますよねスマホ。

スマホって常に手を伸ばせるところに置いてあるから、ついつい手に取ってしまうんですよね。

だから対策として寝るときは、手に届かない範囲に置く。

ベッドや布団から起きて取りに行かないと、取れないところに置くというのが一つの解決策です。

寝る前に軽い運動をする

人は体温が下がると眠くなるようです。

映画などで雪山で遭難して、同行者が寝そうになると『寝たら死ぬぞ!』と起こすシーンがあります。
あれは体温が下がると眠くなるからなんですね。

だから寝る前に軽いエクササイズをして体温を上げる。

そして時間が経つと体温が下がり眠くなるという仕組みです。

シャッフル睡眠法

カナダの学者が考案したとされるシャッフル睡眠法です。

やり方は何か一つの言葉をイメージします。

例えば『ひつじ』

そうしたら『ひ』から始まる言葉をイメージを連想します。

『火』パチパチと日が燃えているイメージ。

『ヒマワリ』夏の青い空の名からヒマワリ畑で、ヒマワリが風になびいているイメージ。

次に『つ』その次に『じ』という具合。

原理は人は理屈を考えている間は眠れないからだそうです。

つまり思考をシャッフルする。トランプを切るようにかき混ぜることで眠くなるようです。

時間や労力を使わなくてもできることは色々あります。

小さなことでも良いので、睡眠の質を上げるためにできることからやってみましょう。

オススメの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です