ココナッツ由来のシャンプー

くせ毛のためのセルフケア・常に綺麗な髪でいるために

髪は傷むと戻らない

くせ毛って髪が傷みやすいんですよね。

理由は、クセ毛をなおすために、ブラッシングの回数が増える。
ブローの時間が多くなる。などです。

またその他に、表面がぼこぼこしている髪が擦れ合うことで、傷むといったことあります。

ダメージヘアで頭を悩ます人

髪が美しく見える理由は、キューティクルがキレイに揃っていて、内部の水分などの必要な要素がしっかりと詰まっているからです。

ではどうしたら良いのか?

とその前にひとつ知っておく必要がることがあります。

髪は基本。一度傷つくともとに戻りません。

なぜかというと、髪は死滅細胞だからです。

死滅細胞とは、既に作られた細胞は、新たに体からの影響を受けない。

つまり、伸びた髪は、後から栄養をたっぷりとったとしても、影響しないということです。

このような理由から、傷んだ髪をキレイにするというよりは、傷んでしまった髪はそのまま更に悪くならないように維持する。

鎧を着た女性

そして、そもそも傷まないようにする。といったことが必要です。

物理的・摩擦から守る

髪は摩擦で痛みます。髪を覆っているウロコのようなキューティクルが開いたり、傷ついたりするからです。

この摩擦の原因は

  • 髪を触る
  • ブラッシング
  • 洗った後のタオル

髪を触る

髪を手で触ると髪は傷みます。

髪ってとってもデリケートなんです。

髪を触る女性

髪を触ってしまう癖のある人はなるべく回数を減らしましょう。
これは「髪をさわったら、髪が傷む。」と理解するだけで減らせます。

髪を触るたびに、「あっ、髪が傷む!」となれば自然と減るはずです。

ブラッシング

ブラッシングも髪に物理的に触れるので、手でさわることと同じです。

くせ毛のかたはどうしても髪を整えるためにブラッシング時間が長くなりがちです。

ヘアブラシ

まとまらない髪は、髪が傷むことで更にまとまらなくなります。

負のスパイラルですね。

ブラッシングでのダメージを軽減するには、ブラッシングする前に、水を入れた霧吹きで少し濡らしてから行うことで、髪への摩擦を若干軽減できます。

くせ毛のためのブラシ選びと使いかた

洗った後のタオル

髪を洗った後にタオルで水気をとると思いますが、このタオルでも髪は傷みます。

ゴシゴシとこするように髪をふく人もいますが、これはアウトです。

髪をこするというよりも、かるく押すように髪からタオルに水分を吸わせる。
というイメージでタオルを使いましょう。

くせ毛、ダメージヘア人へ!髪を傷めないタオルの使い方

環境から守る

髪は物理的に触れなくても傷みます。

それは熱や紫外線、乾燥によってです。

髪が傷む環境要因
  • ドライヤー
  • 紫外線
  • クーラー・暖房

ドライヤー

さてドライヤーでも髪は傷みます。その原因はドライヤーの熱です。

じゃあドライヤーを使わないで、自然乾燥にすればいいのでは?

と思う方もいるかも知れませんが、それは間違いです。

髪を洗った後は、ドライヤーを使って乾かしてください。

何故ならば髪は濡れたままでいると傷むからです。

ドライヤー

だから、髪を洗ったり、プールや海に入ったり、雨に濡れたなど、髪が濡れてしまった場合は、なるべく早く髪を乾かさなければなりません。

ドライヤーで乾かすコツは、ドヤイヤーをする前に、タオルなどであらかじめ取れる水分はとっておくことです。

初めは暖かい風で、ドライヤーを振りながら一部の部分だけに暖かい風が集中しないようにしながら、乾かしていきます。

そして8割ほど乾いたところで、最後の仕上げとして冷たい風で乾かしてください。

こうすることで開いたキューティクルが閉じて、髪に必要な成分が外に出にくくなります。

間違った髪の乾かし方が髪を傷める!なぜドライヤーなのか?自然感想はダメなの?

紫外線

紫外線は肌だけではなく、髪も傷めます。

つまり髪も日焼けするんですね。

サングラスをしたひまわり

紫外線による髪への影響
  • 肌触りが悪くなる
  • 切れやすくなる
  • 光沢が減る
  • カラーの色が落ちる

色々と良くないことばかりですね。。

ということで、どうしたら良いかというとこんな方法があります。

紫外線から髪を守る方法
  • 洗い流さないトリートメント
  • 日傘をさす
  • 帽子をかぶる

紫外線は悪いことだらけではなく、ビタミンD3を作ったり、殺菌効果もあるので、ドラキュラの様に全く浴びないということも良くありません。

ただしデメリットの方が多いのでケアが必要ですね。

クーラー・暖房

「クーラー・暖房が髪を傷めるの?」
と思うでしょうが、間接的に髪悪い影響があります。

それは湿度です。

クーラーをかけると、空気中の水分が減ります。

つまり空気が乾燥するんですね。

これは冬場など、空気が乾燥して湿度が下がれば同じです。

乾燥すると髪のキューティクルが剥がれます、つまりバリアのない状態で髪が傷みやすくなるんですね。

これを防ぐためには加湿することです。

過失の方法は様々です。

加湿器を置くのが一番いいですが、家以外の環境でないこともあります。

仕事場などで、加湿器が置いてない場合は、コップに水を入れて置いておくだけでも違います。

ぜひお試しください。

さて、髪は一度傷んでしまったら、もう戻らないので髪をいかに痛めないかという方法を色々書いてきましたが、実は髪を綺麗なサラサラ美髪にする方法があります。

それが美髪矯正です。

お金はかかりますが、髪を内部から綺麗にするこの方法は、髪を美しい髪にさらっと変えてしまします。

そしてうるすとで一番おすすめな美髪矯正が、シルクレッチです。

シルクレッチの対応サロンは、下記から探すことができますので、お悩みの方は一度相談してみるの手とおもいます。

美髪矯正シルクレッチ採用サロンかこちらから

オススメの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です