トウモロコシの画像

くせ毛のためのブラシ選びと使いかた

くせ毛に合うヘアブラシって何?どうやって使うの?

といったお悩みに、この記事ではお答えします。

ちなみにブラッシングをする意味ですが、

  • 髪を整える
  • フケや汚れの除去
  • 皮脂を髪にいきわたらせる
  • 頭皮の血行促進

などなどです。

では話を進めていきましょう。

ブラシ選び

まずブラシ選びですが、

ロールブラシ一択です。

さらに材質は豚毛がイイです。

ロールブラシがいい理由は、くせ毛をまいて伸ばせるから。

豚毛がイイのは、やわらかくて、静電気がおきにくくて、髪と頭皮を傷めにくいからです。

静電気がおきると、髪にマイナスとプラスをもった電気をおびて、それが反発してボサボサになっちゃうんですね。

また髪も電気で傷んでしまいます。

電気はホコリなどを菌といっしょに連れてきて、それがカユみの原因にもなります。

獣の毛ブラシはイノシシもありますが、こちらは固く、どちらかというと頭皮のマッサージに向いています。

ブラシを使うタイミングは、髪が乾いているときに行いましよう。

髪が濡れているときにブラッシングすると、髪に必要な成分が髪から出てしまいます。

これは髪が濡れると、キューティクルが開いてしまうためです。

ロールブラシでくせ毛をまとめるやり方

ロールブラシを使って髪をまとめる主なやり方です。

  1. ボサボサであれば、かるく髪をとかしておく
  2. ブローローションがあれば、ブローする箇所に外側、内側につける
  3. ロールブラシを髪の根元付近の内側にセット
  4. 外側からドライヤーで毛先に向かって、ブラシと一緒に温風でブローしていく
  5. 最後に冷たい風で、キューティクルを閉じる

ブラシで髪をとかす時は、初めは毛先から、次は中間、さいご根元のようにすると髪に優しいです。

豚毛のロールブラシのメンテナンスは、手でまめに髪を取り除いたりしてください。

水洗いはブラシを傷める原因になりますし、カビもできやすくなってしまいます。

ブラシのメンテはまめに行いましょう。

オススメの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です