lady picts

傷んだ髪はなぜトリートメントで美髪にならないのか?

傷んだ髪をキレイにしようとトリートメント。はじめはキレイだけど時間が経つと元の髪に。

これには理由があります。

美髪は水分の輝きでできている

まず髪は大きく分けて3つの要素でできています。

外側からキューティクル、コルテックス、そして中心の芯であるメデュラです。

この中身の部分のコルテックス。ここは主にタンパク質でできていますが、多くの水分を含んできます。

この水分が主に髪のツヤを出しています。健康な髪の毛は髪の内側の水分が光っているんですね。

髪が傷むとコルテックスの部分。つまり中身に空洞ができます。これをダメージホールと言います。

市販品のトリートメントをすれば髪を美髪にできるわけではないのは、中身をキレイにしなければ意味ないからです。

これがサロンや美容室のトリートメントであれば、キューティクルを開いて髪の中身に栄養を入れて、ダメージホールを満たすことで髪を補修できます。

髪の毛は一度傷むと元に戻らない

しかし一度傷んだ髪の毛は基本的に元に戻ることはありません。

これは髪は一度成長したら、そのままである死滅細胞だからです。

傷んだ髪の毛は水分を保持する力がないので、時間が経てば栄養素は流れ出ていきます。

このように髪の毛を美髪にするためには、髪が傷む前に色々と対策を講じなければなりません。

髪が傷んでからでもトリートメントすればいいや、ということではないのです。

ただしダメージがあまりに酷くなければ、かなりのレベルで髪を補修する技術があります。

美髪にするには髪質改善のシルクレッチ

それが髪質改善する美髪矯正のシルクレッチです。

美髪矯正のシルクレッチであれば、髪質を改善するので髪は水分を保持する力を持つことができます。

だから美髪が長持ちするのです。

美髪を持ちたいと思っている方はぜひ一度試されてみてください。

オススメの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です