水の中の画像

乾燥が髪をダメにする!冬だけじゃない、夏も加湿が必要な理由と方法

冬に加湿して湿度を上げた方がいいことはよく知られています。

ですが、実は夏も加湿した方がいいんです。

そうしないと、あなたの髪やお肌にダメージを与えることになってしまいます。

どのように場面で、どのように加湿した方が良いかを説明する前に、なぜ乾燥すると良くないのでしょうか?

乾燥すると髪やお肌から水分が蒸発します。つまり髪やお肌がパサパサのカッサカサになります。

もっと言うと、風邪の原因や、静電気も出やすくなるので良いことはありませんね。

湿度が大切とわかったところで、ではなぜ湿度が高すぎると言われる夏も加湿が必要なのか?

それは夏になるとクーラーをかけるからです。

クーラーをかけると、水分量の少ない冷たい空気が部屋に送られます。
そのため、クーラーをかけると湿度が下がるのです。

ではどの程度の湿度が良いのでしょうか?

感覚で言えば、クーラーをかけて「冷えてきたな」と思えば部屋は乾燥してきています。

数字で表すと適度な湿度は60%と言われています。

湿度をはかれる湿度計があれば見てください。

それでは実際に加湿をしてみましょう。

そんな場合に、いくつか方法があります。

  • コップに水を入れる
  • 水気を含んだタオル
  • 霧吹きを使う
  • 観葉植物を置く
  • 加湿器

コップに水を入れる

コップに水を入れるだけです。とっても簡単ですね。
この方法であれば、おいて置くだけで、コップの中の水が自然と蒸発するので、湿度を上げられます。
もちろんコップではなく、ほかの容器でも大丈夫です。ただなるべく口が大きい方が良いかもしれません。

水気を含んだタオル

タオルを水で濡らした後、絞ってかけて置くだけです。
こちらもタオルに含まれた水が、自然と蒸発して行くので湿度を上げることができます。

霧吹きを使う

霧吹きやスプレーボトルに水を入れて、それを空気中に散布します。
直接空気に水を含ませに行く作戦ですね。

観葉植物を置く

観葉植物は湿度を調整する、調整してくれるそうです。
水をやるのは少し面倒ですが、植物の選び方で、空気の浄化やリラックス効果もあるので探してみてください。

オススメの記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です